Intersezioni

Dedicati esclusivamente alla storia dei rapporti tra Italia e Giappone e alla percezione dell’Italia nella società e cultura del Giappone di oggi e di ieri, questi incontri sono condotti in lingua giapponese, con un taglio divulgativo. Di solito vengono presentate nuove pubblicazioni con la partecipazione dell’autore, nella forma del dibattito o della tavola rotonda, per seguire da vicino la produzione scientifica e la formazione delle immagini culturali in relazione all’Italia.
日伊交点のサムネイル

Intersezioni

宣教師「シドッチ」の顔ー江戸キリシタン屋敷までの足取りを追う

マリオ・トルチヴィア 著『ジョヴァンニ・バッティスタ・シドティ 使命に殉じた禁教下最後の宣教師』(教文館 2019年)の刊行を記念して

マリオ・トルチヴィア

Italian School of East Asian Studies

8 luglio 2019 17:30 - 19:00

2014年、東京文京区の「切支丹屋敷跡」から出土した人骨はイタリア出身の宣教師「シドッチ」のものと判明、その人物像にあらためてスポットライトが当てられた。江戸時代中期の日本に潜入して捕らえられ、6代将軍の侍講新井白石から尋問を受けたジョヴァンニ・バッティスタ・シドティ(1667-1714)は、ヨーロッパの歴史・地理・風俗に関する情報やキリスト教の教義を伝えた。それらは白石の『西洋記聞』に納められたことでも知られている。

本書は、イタリアでの徹底的な調査を元に、新資料の発見も加えた初の伝記研究である。シドティの人となりや日本までの足取りを追い、彼の姓名や生没年月日をはじめ、教会での立場や肩書等についての様々な背景を紹介しながら、その全体像に迫る。

 

著者マリオ・トルチヴィア(Mario Torcivia)

1964年イタリア・シチリアのパレルモ生まれ。現在、パレルモ教区司祭であり、同じシチリアのカターニアにある聖パオロ神学院の霊的神学担当正教授。イタリア神学学会会員、イタリア典礼・聖人伝研究会会員、ローマの列聖調査申請者委員会委員、霊的神学フォーラム会員。ローマ教皇庁列聖省神学顧問(非常勤)も務める。

2012日伊交点_rgbのサムネイル

Intersezioni

イタリア王国の美術外交と日本

Diplomazia dell'arte dal Regno d'Italia al Giappone Meiji

朝日新聞ビル アサコムホール

21 settembre 2012